仮想通貨とは?わかりやすく解説!

仮想通貨は、一般の通貨と違ってある特定のオンラインサービスについての対価として支払いに使える通貨が始まりとされています。ですので、それを現金に両替するのではなく、基本的にはオンライン上のサービスなどで使用します。価値として通用するのは、オンラインゲームなど決まったサービスの範囲内だけの限定されたものです。具体的には、Second Lifeでのリンデンドル、ハンゲームでのハンコイン、モバゲータウンでのモバゴールド、モバコイン等です。

 

その入手方法は、各サービスにおいて、ポイントを貯めていくとそれぞれで使える仮想通貨に換えられるようになります。そうして得た仮想通貨でアイテム購入すれば、ゲームを攻略するのに有利な環境になったりします。このような使用方法が一般的になっています。

 

ビットコインとの違い

オンラインゲームでの仮想通貨は、企業が利用者を集めてゲームやサービスから利益を上げることを目的としていますが、これとは目的が全く違う仮想通貨も誕生してきています。

 

ビットコインはその代表で、経済を円滑に進めることを目的に作られ、電子商取引において普通のお金のように使えるようになることを目指しています。国家の保証こそありませんが、投資価値としても最近注目されたことは知られていますね。発行主体もありませんし、最大発行量も限られています。わかりやすく言うと、ネットの世界が作りだした金やプラチナのようなものといえます。

 

 

 

仮想通貨の仕組みについて

今や仮想通貨と言えば、ビットコインですので例として取り上げます。

 

中央銀行での発券も流通の管理等のような業務をしている機関はありません。発行も取引の履歴も全てネットワーク上で管理される仕組みが出来上がっています。

 

そして驚くべきことに、この履歴も、誰も集中管理してはいないのです。それぞれのネット端末から吸い上げられた仮想通貨の利用情報の塊が、通貨としての信用を築いているのです。

 

それは誰もがいつでも確認できることで、維持管理ができていて、二重払いや支払い漏れも起きないようになっています。履歴を改ざんすれば通貨の偽造もできそうですが、情報公開することによりそれも起きないのです。ネットワークのその上に、誰もが見られるが手は加えられない取引台帳が存在するようなものです。

 

こうして中央管理組織がなくても、通貨としての存在価値を発揮しているのです。取引履歴の整合性を維持させる仕組みこそが、仮想通貨の仕組みといっても良いかもしれません。ビットコインが仮想通貨として注目を浴びるようになったのは、通貨として信頼の得られる仕組みを構築することに成功したからなのです。発行される総量には制限がありますので、さながら自然界にある鉱物資源である金を人工で作りだしたものともいえます。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク