仮想通貨のブロックチェーンについて

ブロックチェーンとは中央管理者のいない取引を成立させるためのネットワーク技術です。

 

仮想通貨の取引は、この手法を取り入れています。管理者の承認なしに買い手と売り手とが合意すれば、それだけで取引が成立するのです。そのメリットは、個人情報を公開していることにあります。そのため中央管理者を置かずとも、安心して取引ができるのです。

 

また、情報は分散されており集中管理されていませんので、システム自体に安定性もあります。全ての人の取引情報を全ての人が把握できています。

 

ブロックチェーンの安全性

どんな攻撃を受けても、損傷が全体に影響を及ぼすようなダメージを受ける体制ではありません。それぞれの利用者がそれぞれに管理者になってシステムをチェックしているといったイメージになります。

 

中央管理者の意向次第で取引が中止することもありえません。それは国家でさえも介入のしようがないのです。第三者を通さないため、面倒な手間も時間もかかりません。こうして極めて自由で平等な取引が維持できるものなのです。

 

ブロックチェーンは、今までの常識を覆す取引システムですので、世界の経済をも左右しかねません。仮想通貨の取引に留まらず、一般の契約にも応用できる可能性も秘めているのです。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク