仮想通貨とクレジットカードの違いとは?

仮想通貨での支払いとクレジットカードでの支払いは、大きく違いのあるものです。クレジットカードで支払いをする場合は、手数料を仲介するクレジット会社に払っています。

 

一方で、仮想通貨の支払いにあっては、基本的にはクレジット会社のような仲介はありません。買い手と売り手の1対1の支払いになります。支払う側がわずかな手数料を請け負う形が通常です。

 

それでは仮想通貨とクレジットカード、それぞれの長所と短所についても見てみましょう。

 

それぞれのメリット・デメリット

仮想通貨の種類によっては仲介者がいることもあります。この場合は、買い手も売り手も同等の負担を負うタイプもあるのです。

 

また、この仲介者の代わりをブロックチェーンにさせていることもあります。こうなると、仮想通貨のメリットを活かした取引になると言えます。

 

オークションなどの個人間の取引においては、将来性を秘めているものです。ですが、一般のショッピングにおいての決済方法とするには問題もあります。クレジットカード払いであれば、支払いのリスクを売り手がしてくれるのです。

 

買い手としては、それをわざわざ仮想通貨を選択してリスクを負う必要がないといえるでしょう。売り手としてもどのような買い手がいるかもわかりません。売り手にとっては、買い手に負担を持たせるとかえって損害を与えられるリスクも発生してしまうのです。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク