仮想通貨が使えるデビットカードについて

デビットカードとは、一昔前のテレフォンカードのような感覚で使えるものです。カードにお金がポイントとして記録されています。
クレジットカードのような資格審査がありませんので、誰でも入手可能です。ただし、支払いはどこでもできる訳ではありません。デビットカードに加盟しているお店以外では使えないのです。

 

このデビットカードに仮想通貨の支払いができるタイプも出てきました。デビットカードのアカウントに仮想通貨の入金記録ができるようになっているのです。これだけで、普通の通貨のように支払いができます。
仮想通貨もこのようになれば、使い勝手も良くなりますので普及する余地も開拓されようというものです。

 

カード会社が仮想通貨とタイアップする意味

まだビットコインが主流ですが、ビットコインでなくてもデビッドカードで利用されつつあります。仮想通貨は種類が多くて、全く聞いたこともないような仮想通貨とカード会社が提携していることもあるのです。

 

カード会社にとっては、仮想通貨と提携する方がメリットが大きくもなってきているようです。これにより、デビッドカードの普及も進んでくれることになる可能性を秘めているからです。
世界のどこでもデビッドカードさえあれば、支払いが仮想通貨でできるという目論見もあるのでしょう。デビッドカードと仮想通貨がタイアップすれば、それも夢ではありません。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク