仮想通貨のデメリットについて

仮想通貨は、そのメリットが注目され手に入れようとする個人や企業も増えてきました。しかし、そこには落とし穴も潜んでいます。

 

最大のデメリットは、発行元がなく国家もその価値を保証してくれていないところです。
盗難に遭っても詐欺に遭ってもお金としての価値がなくなったとしても、現状では何もしてくれません。使い方に足かせこそありませんが、その代わり何が起きても全て自己責任となってしまいます。

 

現在はまだ相場も不安定のため、ある日紙屑になってしまうということもありえる状況です。安定した投資対象と言える段階にはなっておらず、投機色の強い取引でしかありません。

 

その他のリスク

次にネット環境に不具合があれば、たちまち取引がストップしてしまう点です。ネットの便利な反面にある脆弱性がここでも表れます。

 

また、使える店舗もまだ限られており、日常の決済手段といえるまでになるには当分の間は無理でしょう。この先、どこまで汎用性が高くなるかも定かとは言えません。

 

このようなデメリットの高い仮想通貨が出回ると、国家も見過ごす訳にも行かなくなるかもしれません。国民の生活を守るためということで当然のことなのです。仮想通貨を所持するには相応の問題点があるということです。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク