仮想通貨と電子マネーの違いについて

仮想通貨と聞くと、電子マネーのようなものなのではないかと思う人もいると思います。そこで仮想通貨と電子マネーの違いについてご紹介したいと思います。

 

電子マネーは扱いやすい財布

電子マネーは、現金をデータに変換して預けているだけのものです。実態は普通のお金と何も変わりません。
言わばカード一枚の中にお金を詰め込んでいるようなもので、それを店頭の読み取り機で読み込むだけでデータを書き換えることにより支払いをすませられるものです。

 

レジで財布から小銭をつまみ出したり数えたりせず、支払いが簡単にできることが最大の目的と言っていいでしょう。要するに電子マネーは、扱いやすい財布の役割を果たしているのです。

 

仮想通貨は現金とは別の価値がある

仮想通貨は、円を発行している日本銀行のような発行元がありません。まずここが電子マネーと違います。
ビットコインであれば、ビットコインネットワークで採掘と呼ばれる協力をすると発行されます。あるいは交換所で現金と交換をすることによって得られます。

 

また、金やプラチナを購入するように相場によってレートも変わりますので、投資対象としても認識されるようにもなっています。現金から仮想通貨に換えたり、逆に仮想通貨から現金に換えたりも自由にできるのです。

 

このように仮想通貨は、現金とは別の価値があるネット上で作られた通貨といえます。電子マネーとは全然別世界のものなのです。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク