スマートコントラクトについて

コントラクトとは、契約という意味になります。スマートコントラクトですから、スマートに執行できる契約といった感じの意味合いになります。

 

仮想通貨の取引契約においては、どこがスマートになるのか、それが鍵になります。それは、仮想通貨の使用条件の定義や契約の履行を自分の意思だけで行えることです。
一言でまとめるならば、契約書の内容の内、決めるべき大事な項目を自分で決められるのです。

 

そしてするべき事を自分でできる自力執行権がある契約と言われています。そのような個人のコントラクトが多くの人によるネットワークになって、仮想通貨の取引が成立しているのです。

 

決まりごとの例

決まり事の一例に、お金を支払う際のチェック要件があります。商品の売買において売る側と買う側の両方がチェックをしなければ、支払いができないといった要件にすることもあります。より安全性を高めるには、さらに第三者を含めるといった方法も可能になっているのです。

 

その他にもいろいろな応用が考えられています。支払いの期日を納品の1週間後にするとかもそうです。株の売買にも応用が研究されており、その可能性は期待されている段階にあります。ますます多方面に渡り機能が注目されているのも仮想通貨の特徴です。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク