仮想通貨の日本での普及率

ビットコインデータの消失ニュースの頃から、日本でも仮想通貨は注目され始めました。ネット社会をけん引する新しいデジタル通貨として関心は高まっています。資産運用対象にもなることから主に富裕層を中心に興味を持たれています。

 

しかしながら、リスクの高い投資対象であることから、その普及は注目の割には進んでいません
普及率としては、確かな数字は分かりませんが数10%に留まっていると言われています。

 

日本で普及しない理由

仮想通貨のその仕組みも、素人には難解な用語がいくつも登場して馴染みにくいものです。
種類もいくつもあって、どれをどうすれば上手な売買と言えるのか、その選択肢も多く扱いづらいイメージです。IT初心者には、いくら聞いても納得できるものとも思えません。

 

ところが全世界的には、普及率は高い国では70%もあると言われています。日本人の「知らない世界には慎重に足を踏み入れる」という特徴の影響かもしれません。

 

日本のように、仮想通貨を通貨として利用することを認めてない国も他にいくつもあります。理論上は世界中で国の関与も無く平等に使える通貨ではあるのですが、まだまだ世界の足並みは揃っていないのです。普及を進めるには法律の整備も求められますが、これからの段階にあるのです。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク