仮想通貨の種類について

このページではそれぞれの仮想通貨の特徴をご紹介しています。詳しくは各ページでお伝えしますのでぜひご覧ください。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク

 

メジャーな仮想通貨一覧

仮想通貨は聞いたことがなくても、ビットコインなら聞いたことがある人がいるくらいビットコインは有名です。そのビットコインとは何かわかりやすく説明してみましょう。ビットコインは、2009年に中本哲史の発案したP2Pの理論から誕生したとされています。新しい電子マネーとして、今世界でも最も信頼の厚く広く普及している仮想通貨です。ビットコインの取引所に出資して、利用を促進しようとしている企業も増えています。...

リップルは、Googleが投資をしていることもあり、ビットコインに次ぐ注目を浴びている仮想通貨です。その購入方法は、以下の通りです。まず、円を仮想通貨の取引で使える状態にします。それはゲートウェイという交換所で円を「JPY」という仮想通貨の世界で使える円の単位に換えることになります。例えば、10,000円は10,000JPYというように単位だけが変わります。これをさらにリップルトレードという取引所...

イーサリアムは、仮想通貨の中でも契約の処理ができるのが特徴です。ブロックチェーンにスマートコントラクトという契約内容が記載されて、それに沿った支払いを行えるものです。2015年7月30日に公開された新しい仮想通貨で、以来続々とバージョンアップされています。マイクロソフトとも提携され、その信頼性も大幅にアップしています。既に時価総額ではビットコインに次いでリップルとしのぎを削るほどの人気があります。...

日本の掲示板「2ちゃんねる」で誕生した仮想通貨が、モナーコインです。2014年1月1日から利用されるようになっています。名前の由来となったモナーとは、アスキーアートのキャラクターの名称です。P2P通信で2ちゃんねるのユーザーが作りだしたものです。基本的に、ビットコイン同様の使い方ができます。購入方法もビットコインと同様です。2016年現在の1モナの相場は、ビットコインと比べるとかなり低くなっていま...

ライトコインとは、ビットコインをベースに改良された仮想通貨の一つです。ビットコイン同様の完全分散型のネットワークによる管理体制を敷いています。P2Pネットワークを使った取引売買をすることや買い方の基本もビットコインと変わりませんが、性能が進化しています。ライトコインの主な特徴まず、その取引速度の速さにあります。トランザクション速度とその確認速度は、ビットコインの約5倍と言われています。ブロックの作...

ビットコインに追随するようにできた仮想通貨の代表にリップルがあります。購入方法や採掘方法も同じようなものです。リップルとビットコインの大きな違いは、その仕組みにあります。ビットコインは、P2Pでの取引になっています。ビットコインの発行量の限度は、2,100万枚です。発行するにはマイニングという採掘作業になります。発行されるほど、発行も難しくなるのです。一方でリップルは、ビットコインを超えるべく改善...

日本では仮想通貨にはマイナスイメージも大きいものですが、そんな中で仮想通貨の動きには銀行も敏感になってきているようです。海外ではシティ銀行が、オリジナルの仮想通貨の開発に取り組んでいます。日本でも現在、三菱UFJ銀行がMUFGコインという仮想通貨を開発しているのです。UFJの仮想通貨MUFGコインとは?この日本初の試みは既に実験も始まっており、実用化に向けての準備は着々と進んでいるようです。日本最...

オンラインゲームの中で使用する仮想通貨は、バーチャルマネーとも呼ばれます。ゲームをクリアするために有利なアイテムをその仮想通貨によって購入させているのです。これを購入するには、クレジットカードやウェブマネーなどが使えます。ただし、ゲームのアイテム以外は購入できるものではありません。ゲーム会社は、このアイテムを購入させることで収入を得ているのです。高額なアイテムを購入させるように巧妙にゲームが作られ...

ステラとは、ビットコインの運営や新規事業で活躍しているジェド・マケーレブ氏が、新しくプロデュースした仮想通貨です。従来の仮想通貨よりも送金手数料が安くなっています。また送金速度も速くなっていて、ビットコインでは10分かかっていたのが一瞬で済むのです。その時価総額はビットコイン、リップルに匹敵しようかの勢いがあります。急激な人気に伴って、価格の変動も大きくなっていますので、投資するにもチャンスが大き...

サークルコインは、2016年9月より取引が開始される予定の仮想通貨です。合同会社エクラドクールが、エターナルコインの成功に追随する形でプロデュースしようとしています。エターナルコインの価格は暴騰しており、「次はサークルコインではないか」と投資家にも注目をされています。購入単位は3.3円と言う少額にしており、利用者の範囲の広がりも期待しています。不安であれば少量の購入にすれば、価格変動リスクを小さく...

仮想通貨エターナルコインは、2015年より日本の株式会社エターナルリンクにより運営されています。仮想通貨を専門的に取り組んでいる新しい会社ですので、利用者目線を第一にしています。利用するにあっては、自分のウォレットを登録します。2016年現在、ウォレットの登録者数は5,000近くになっています。仮想通貨は良く分からないと言う一般の方でも、登録も利用もしやすくなっているのが特徴です。従来の仮想通貨の...