ビットコインをわかりやすく解説

仮想通貨は聞いたことがなくても、ビットコインなら聞いたことがある人がいるくらいビットコインは有名です。そのビットコインとは何かわかりやすく説明してみましょう。

 

ビットコインは、2009年に中本哲史の発案したP2Pの理論から誕生したとされています。新しい電子マネーとして、今世界でも最も信頼の厚く広く普及している仮想通貨です。ビットコインの取引所に出資して、利用を促進しようとしている企業も増えています。

 

仮想通貨(ビットコイン)の概要

仮想通貨とは、法定通貨のように国が発行したり管理したりしていない通貨で、利用の規制もかけられません。管理は、取引の履歴の全てをブロックチェーンとして記録することで利用者の誰もが管理をし合うというシステムになっています。
その履歴は誰でも閲覧できるようになっているため、通貨としての信ぴょう性を高めています。

 

発行限度は定められていますので、通貨の価値が著しく下がったりする心配はありません。発行にはマイニングという採掘作業が必要ですが、需要が増えるほどそれが難しくなっていくシステムになっているのです。

 

ただ、管理者がいませんので誰もその価値を保証してくれません。価値が暴落したり、ウイルスに感染してデータが紛失したりしたとしても自己責任となってしまいます。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク