仮想通貨に日本銀行も参戦

日本では仮想通貨にはマイナスイメージも大きいものですが、そんな中で仮想通貨の動きには銀行も敏感になってきているようです。

 

海外ではシティ銀行が、オリジナルの仮想通貨の開発に取り組んでいます。日本でも現在、三菱UFJ銀行がMUFGコインという仮想通貨を開発しているのです。

 

UFJの仮想通貨MUFGコインとは?

この日本初の試みは既に実験も始まっており、実用化に向けての準備は着々と進んでいるようです。日本最大の銀行が真摯に取り組んでいる事から、仮想通貨に対する認識も変わるようになっています。銀行としてもコスト削減のために、仮想通貨はメリットのある開発対象になっているのです。

 

このMUFGコインを開発し実用化することで、顧客の効率的な管理と顧客への新たなサービスが期待されるのです。取引にかかる管理経費及び送金手数料の削減も見込まれています。ブロックチェーンさえ機能すれば、管理システムの莫大な維持費も不要となるのです。

 

レートは、1円=1MUFJとなりますので、通常の円の感覚で使えることになりそうです。これは、為替の変動による使いづらさを排除しようという発想です。しかしその反面、仮想通貨ならではの投資商品としての価値がなくなってしまうとも言われてます。

アルトコイン訴求




スポンサーリンク